ニードル画「森の中」

これは一年程前に描いたものです。どことなく行ったこともない北欧の森の中をイメージして描いたものです。実はこれ手ぬぐいの小鳥柄の原型となっているものです。構図やモチーフはこの絵と同じです。同じ絵でも白と黒で色を変えただけでイメージが全然違います。黒はどこか幻想的で強いイメージ、白はやわらかく、優しいイメージを私は持ってしまうのですが他の人はどう思うのでしょう?
銅版画家の南桂子さんの作品(画集:ボヌール)が好きで、元々ニードル画を描くきっかけともなっているのですが、素朴であたたかい感じと物語の一部の様な世界観が表現できればいいなあ。と思います。最近全く描けていないので、これからまた新しく描いて行こうと思っています。
c0104225_21285499.jpg
c0104225_2129855.jpg

[PR]
by kuusi6 | 2007-08-05 21:32 | ものづくり | Comments(0)

KUUSIとはフィンランド語で数字の6ともみの木


by kuusi6
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31