手透き和紙

先日というか先週になるんですが友達の和紙の展示を見てきました。小春日和の気持ちいい一日でテラスでまったりしてしまいました。
和紙のブックカバーとかノートとか彼女の作品は見る度にどんどんいい感じに変化して行っているように思います。今回彼女の雑貨以外の作品も見ましたが和紙というか一つの絵画を見ているようでとても新鮮でした。何と言うか、綺麗なものが溶けるとこんな感じになるのかなっと言った感じで、色が素敵でした…
今まで和紙というと昔ながらの技法で作る伝統的なものというイメージが強かったのですが私は彼女の作品をそういうイメージの和紙作品としては見れず、新しい素材で作った一つの作品という感じで見てしまいます。
もともと伝統的なものや古いもの昔からの技法を守り続ける職人さんは好きなのですが(基本アナログ志向なので)そこから更に発展させて新しいものを作る人も好きです。私もこんなものづくりができたらいいなあと思うのですが古いものから新しいものを作り出すのはなかなか難しいです〜
そんな感じで創作意欲が沸々と沸いてきた展示でした。

今回見に行った彼女の作品gola:gotaのサイト↓です。
http://golagota.hp.infoseek.co.jp/
http://diary.jp.aol.com/4pghmwyfpy/
[PR]
Commented by akiko at 2008-04-14 14:10 x
ありがとう〜
がんばりマス!
by kuusi6 | 2008-04-13 21:20 | 日々のこと | Comments(1)

KUUSIとはフィンランド語で数字の6ともみの木


by kuusi6
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31